マザーボードとは:マザーボードの基本と役割

お役に立ちましたら友達に教えてあげて下さい!

マザーボードを簡単に説明するとパソコンを構成するパーツを取り付けるための本体です。

パソコンは主要なパーツ(CPU、メモリ、ハードディスクなど)で構成されており、各パーツの専用のはめ込み口があります。これらのパーツを接続する基盤がマザーボードです。メインボードと呼ばれる場合もあります。

マザーボードの性能

マザーボードの性能はどのように違うのでしょうか?

マザーボードの良し悪しは最新のパーツに対応しているかどうか?という点です。マザーボードに接続できるパーツは決まっていて対応していないパーツは取り付けることが出来ません。

例えばパソコンのアップグレードをしようとして最新のCPUやメモリを取り付けたい場合はマザーボードが最新の規格に対応している必要があります。

もしマザーボードが対応していな場合は現状のマザーボードに対応した規格のパーツで交換を行うか、マザーボード自体を交換するという方法になります。

しかしマザーボードの交換は専門知識が必要なため新しいパソコンを購入する方が早い場合が多いでしょう。

主な接続箇所

  • CPUソケット
  • メモリスロット
  • シリアルATAスロット
  • PCI Expressスロット
  • I/Oパネル

お役に立ちましたら友達に教えてあげて下さい!

フォローする